• FA製品情報
  • RT製品情報
  • 会社案内
  • 関連会社
  • 採用情報
  • お問い合わせ

クイックチェンジ

QCP-100A製品写真

プレス間ハンドリング・マテハン・パレタイジング・バリ取り等さまざまな用途にご使用いただけます。ツール・プレート用に、ID確認設定をしやすくし、ブロック自体を保護するカバーを取り付けたコネクタレスの電気信号コンタクトブロックをオプション設定いたしました。

マスタ・プレート添付品
・六角穴付ボルト(M8×55)×6
・段付平行ピンx1
※シールプレート、Oリング、皿小ネジは本体に取り付けた状態で出荷します。
  • カタログPDF
  • 本体図面PDF
  • 本体図面PDF/DXF
  • ※PDFとDXFは仕様変更前と仕様変更後のデータが入っております。
  • ※オプションはページ下部をご覧ください。

その他クイックチェンジシリーズ

  • QCS-12
  • QUICK-CHANGE GIGA

クイックチェンジ

QCP-100Aの特長

プレス用途を考慮したボディ設計

ツール・プレート側面を両面カットすることで、ツール・プレートの“立て置き”を可能にし、ハンド設置場所の省スペース化を実現。

プレス用途を考慮したユーティリティ

負圧で使用できる空気圧ポート(Rc3/8)を8本標準装備。さらにオプション追加で合計16本まで装備可能。ツ一ル・プレート用のコネクタレス電気信号ブロック(R16A/B)をオプションに設定。直接ハンダ配線することで、コネクタ(プラグ)レスとし、ハンド交換時に配線用プラグの破損を回避可能。ハンダ配線部はID識別割付も容易に可能。ブロック本体を守る金属カバーも装備。

着脱確認センサの出力信号を電気コンタクトブロックに割り付け可能

マスタ・プレートの着脱確認センサ(オプション)の出力信号を、2種類の電気信号コンタクトブロックに割り付け可能。

メカニカル・フェールセーフ機搆

着用空気圧の供給が停止しても、マスタ・プレートとツール・プレートが分離しないよう、当社独自の着脱機構部により、メカニカル・フェールセーフ機構を採用。

〈 主な仕様 〉

本体
可搬重量(定格負荷) 980N(100kg)
位置再現精度 ±0.015 mm
動的許容
モーメント
曲げ方向(Tx,Ty) 1,372N・m(140kgf・m)
ねじり方向(Tz) 1,372N・m(140kgf・m)
締結力(空気圧0.49MPa時) ※1 10,290N(1,050kgf)
材質 フレーム アルミニウム合金
着脱機構部 ステンレス鋼
外形寸法(締結時) φ179×H79.5mm
製品重量
(本体部)
マスタ・プレート 3.5kg
ツール・プレート 2.0kg
着脱機構 ボールロック方式
着脱作動空気圧 0.39〜0.68MPa(4〜7kgf/cm2
許容温度・湿度範囲 0〜50℃、35〜90%(結露なきこと)
ユーティリティ 空気圧ポート Rc3/8×8本
オプション
ユーティリティ J16A
J16B
電気信号 5A×16本(JMコネクタ) ※2 ※6
M10A
M10B
電気信号 13A×10本(MSコネクタ) ※2 ※7
L16A 電気信号 5A×16本+着脱確認信号3本(マスタ側のみ設定) ※2 ※3 ※6
L07A 電気信号 13A×7本 +着脱確認信号3本(マスタ側のみ設定) ※2 ※4 ※7
R16A
R16B
電気信号 5A×16本(ツール側のみ設定。コネクタレス仕様) ※5 ※6
B15N B15P 電気信号
Max.50mA DC24V
非接触方
50mAx15本
WEBシリーズコネクタ ※2
インゾーン 1本
IP67
B15D 電気信号
Max.5mA DC12V
非接触方
5mAx15本
WEBシリーズコネクタ ※2
IP67
P38A
P38B
空気圧ポート Rc3/8×4本
着脱確認センサ 近接スイッチ2個内蔵型取付プレート採用

型番表示方法

個別対応品QC-100、QC-100Aとの互換性につきましては別途お問い合わせください。

オプション

■電気信号コンタクトブロック
J16A. J16B. L16A(マスタのみ)
5A×16本(J16A・B)※2 ※6
5A×16本+着脱確認信号(L16A)※2 ※3 ※6

J16Aマスタ側は、
JMR2116M-Dを使用
J16Aツール側は、
JMR2116F-Dを使用
J16Bマスタ側は、
JMR2116MX-Dを使用
J16Bツール側は、
JMR2116FX-Dを使用
L16Aマスタ側は、
JMR2119M-Dを使用
M10A. M10B. L07A(マスタのみ)
13A×10本(M10A・B)※2 ※7
13A×7本+着脱確認信号(L07A)※2 ※4 ※7

M10A・L07Aマスタ側は、
D/MS3102A18-1Pを使用
M10Aツール側は、
D/MS3102A18-1Sを使用
M10Bマスタ側は、
D/MS3102A18-19Pを使用
M10Bツール側は、
D/MS3102A18-19Sを使用
R16A. R16B(ツールのみ)
5A×16本(コネクタレス)※5 ※6 

配線はお客様にてハンダ付けをお願いします。
(マスタ側はJ16A・J16B・L16Aのいずれかをご使用ください。)

オプション図面PDF
オプション図面PDF/DXF

オプション図面PDF
オプション図面PDF/DXF

オプション図面PDF
オプション図面PDF/DXF

■非接触電気信号ブロック
B15N. B15P(マスタのみ)
B15D(ツールのみ)
B15N NPN出力 B15P PNP出力

B15N、B15PはWEBR-2119MS-Dを使用
B15DはWEBR-2116FS-Dを使用
■空気圧ポート
P38A. P38B
Rc3/8×4本

オプション図面PDF
オプション図面PDF/DXF

オプション図面PDF
オプション図面PDF/DXF

■着脱確認センサ 
SA. SB
近接スイッチ2個内蔵しピストンの
位置確認により着脱確認

オプション図面PDF
オプション図面PDF/DXF

SAタイプ・・・・・
お客様にて追加工することによりロボット取付プレートと兼ねることができます。

SBタイプ・・・・・
ロボットに取付ができるよう加工を施したタイプです。

※ご用命時ロボットフランジ形状図をご連絡ください。
(※1)
締結力とは、位置再現性を出すための力であり、締結そのものは脱動作のためのエア供給、または破損するまで保たれます。
(※2)
プラグ側は含んでおりません。お客様にてご用意ください。
(※3)
ツール側は、5A×16本(型番J16A又はR16A)をご使用ください。
(※4)
ツール側は、13A×l0本(MSコネクタ)をご使用ください。(内3本は使用できません)
(※5)
マスタ側は、5A×16本(型番J16A)をご使用ください。
(※6)
コネク夕単位で最大30.4Aとなります。
(※7)
コネク夕単位で最大57.2Aとなります。
(※8)
ツール側はJ16A又はR16Aをご使用ください。
(※9)
着脱確認センサSAまたはSB選択の場合のみ装着可能。レセプタクルは19ピンJMR2119Fを使用。ツール側はJ16A又はR16Aをご使用ください。
(※10)
着脱確認センサSAまたはSB選択の場合のみ装着可能。レセプタクルは10ピンD/MS3102A18-1P又は同等品を使用。ツール側はM10Aをご使用ください。
(※11)
ツール側はJ16B又はR16Bをご使用ください。 
(※12)
マスタ側にL07Aを選択した場合は電気信号は7本となります。 

QCP-100Aをご覧いただき、誠にありがとうございます。

その他のクイックチェンジ製品も取り揃えておりますので、お気軽にお問い合わせください。ビー・エル・オートテックはお客様のニーズにお応えするために、カスタム製品の制作もおこなっております。

問い合わせはこちら

製品一覧ページへ

  • QCS-12
  • QUICK-CHANGE GIGA

  • RC
  • AC
  • ACT-390

RT製品情報

  • 製品動画一覧
  • 製品カタログ一覧
  • CADデータ一覧

お問い合わせ・資料請求

ご使用の装置にマッチングしたカスタム設計も承っております。お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問合せフォーム

電話番号

ページの先頭へ戻る